√dメソッド

 dスイング理論:

 

~右手を効率的に使った飛ばしとフェイスコントロールの理論~

 

利き腕が右手の人は、勿論右手が強い。そして、ボールを投げるのも右手。

右手中心で力強くクラブを振り、右手の感覚で方向性を出せば飛ぶ。

これ、当たり前の言い分。

しかし典型的な型にはめたスイング理論は何故、左腕、左手を中心にスイングすることを教えるのだろう?何故両脇を締めた堅苦しい窮屈な姿勢を強要するのだろう?

何故ボディーターンを無理にさせて打たせるのだろう?

・・・

結果そうなる事が望ましい。そこに意識を持って行っては、飛びません。

コックは何のために使うのでしょう?右足は地面を蹴れているのか?右腰位置でインパクトできているのか?

皆さんの個々の持っている体系、筋肉の柔軟性及び強度、クセ、理解の仕方、全てがオンリーワンです。

dのスイング理論は、以下の3つのメソッドで構成されています。

ぜひ、本物のゴルフレッスンを体験し、皆様のゴルフのスキルアップをお手伝いさせてください!

 

 

3つの√dメソッド

1.    Muscle Analyzing

個々の筋肉の動き、スイングのクセを徹底的に解析

 

2.    Distance Logic

ボクシングや野球など、基本的なスポーツにおける最大限の力の伝達のコツをゴルフに取り入れ、根拠のあるロジックを組み、飛距離を効率的に伸ばす

 

3.    Efficient Swing

最も効率の良いPower Transmitを実現するスイングを、個々の筋肉の動きに合わせ指導する